四国管区警察局

  • 本文の文字サイズ変更
  • 標準

ピッキング犯罪にご用心を!

最近、ピッキング用具を使用した侵入窃盗事件が増加しています。 ピッキング犯罪の犯人は、犯行途中で家人に発見された場合、強盗に早変わりするという場合も多く大変危険性を伴っています。 ピッキング犯罪の被害に遭わないよう注意してください。

ピッキングとは

ピッキングは空き巣の手口

ピッキングといわれる新しい犯罪の手口は、犯人がドロボー七つ道具のピック、テンション等という特殊な小型金属棒を玄関鍵穴に差し込み、錠前を壊さずに鍵を開けて侵入することをいいます。 ピッキング犯罪に遭った場合、錠前が壊されていないことから被害に気づくのが遅れることがあります。

防犯対策

ワンドア・ツーロック

主錠の他に補助錠がついているドアがおすすめ

鍵が2つ以上ついていれば、
侵入に要する時間も2倍以上

「ワンドア・ツーロック」とは、1つのドアに2つ以上の施錠をすることです。 施錠を2つ以上しておれば、侵入に要する時間も2倍以上かかります。 ドロボーは、侵入に手間のかかることを嫌がります。 補助錠は、主錠と離れた位置にあると効果的です。

シリンダー対策

シリンダーを見直そう!

ピッキングに強いシリンダーを選び、
質の高いものにグレードアップ

ピッキング被害に遭わないためには、ピッキングに強いシリンダー(鍵を差し込んで回す部分)の設置も有効です。 シリンダーのみの交換も可能です。

近隣の人等との連携

近隣の人、マンションであれば管理人等との連携を図り、不審な人を発見したら通報する等の地域・区域ぐるみの防犯が有効です。

ページの先頭へもどる