四国管区警察局

  • 本文の文字サイズ変更
  • 標準

ホットライン「110番」

「110番」は、国民の皆さんと警察を結ぶホットラインとして、24時間体制で皆さんの安全で平穏な暮らしを守っています。 また、「110番」は、事件・事故など1分1秒を争う緊急事態に備える電話で、「いたずら電話」等があれば、本当に必要な人が必要な時に110番回線がふさがり、警察への通報が遅れます。

「110番」は、正しくご利用ください。

110番 かけかたのポイント

何があったのか?
「どろぼうです。」
どこで?
「○○公民館の東隣の△△です。」
いつ?
「5分位前です。」
犯人は?
「背中に何か背負った黒服の男で、窓から北の方に逃げました。その後、車が発進する音も聞こえました。」
どんな状況か?
「たんすの引き出しが開けられたままです。」
あなたの住所、名前、電話番号を
あなたの住所、名前、電話番号も正確に教えてください。

携帯電話での正しい110番利用

携帯電話の普及に伴い、携帯電話からの通報が増加してきています。 携帯電話からの通報は、現場から離れてしまうことが多いため、事件・事故の発生場所がわかりにくかったり、話の途中で通話が切れて内容が聞き取れないため、警察官が現場へ行くのに時間がかかったりします。次のことに気を付けて110番してください。

現場を離れずに通報を
現場を離れて通報があった場合、事件・事故発生場所がわかりにくくなります。
停止(車)して通話を
通話が切断されることがよくあります。
大きな声で話を
付近の雑音などによって、聞こえないときがあります。
通話後、電源を切らないで
110番通報後、警察官から通報してくれた方に電話をかける場合があります。

ページの先頭へもどる